mixi GROUP 新卒 RECRUITING SITE

ENTRY

株式会社ミクシィは、新卒採用にかかわるエントリー情報の管理を「イグナイトアイ株式会社」に委託しております。「エントリー」をクリックすると、イグナイトアイ株式会社が運営するサイトに遷移します。
個人情報の取り扱いについてをご確認いただき、同意の上、エントリーください。

Interview ミクシィグループで「チャレンジ」しつづけるメンバーの想い

共に新しい文化を創りたい

佐々木 忠輝
2016年入社 / 中途
総合職

セールスプロモーションのベンチャー企業にて、企画営業・人事責任者を経験。
2016年に株式会社ミクシィへ入社。新卒採用と育成を担当。

理想を描けていない人にとっての、ヒーローになりたい

ミクシィへ入社される前から人事をされていたとのことですが、どのような想いがあるのでしょうか。

私には、社会人になってから常に掲げている目標があります。
それはヒーローになること。皆さんにも幼い頃、憧れのヒーローやヒロインがいたと思います。

いざ社会人になるタイミングで、こういう社会人になりたい!と本気で憧れるような人と出会えるのは稀だと思います。ひょっとすると、働き始めてから「自分の理想の社会人ってこんな仕事をしてる人じゃないんだよな」なんて思うかもしれません。私はそのような人を減らすために、仕事観や人生観を通して、新しい気づきを与えられたらなと思っています。あわよくば、憧れの社会人像になれたらなと。
そのために、常にかっこよくありたいと思っています。

憧れの社会人像とは、具体的にはどういう姿でしょうか。

いざ言葉にしようと思うと難しいですが、
・目標に対して今の自分ができることよりも高いハードルを課して、向上しようとすること
・誰もやったことがないことを我先にと果敢にチャレンジすること
・常に自分自身の行動指針が明確で、なぜやっているかを夢のように語れること
・仕事が好きなこと

そんな姿だと思っています。

社会人になりたての頃は、初めて取り組む仕事ばかりで、理想の社会人像を明確にイメージできる人はほとんどいないと思います。そんな人たちが「こんな風に仕事がしたい」「こんな人と一緒に働きたい」と思えたら、どれだけ能動的に仕事ができるでしょうか。そんな能動的な仕事から、世の中にまったく新しいサービスが誕生したら。そんなふうに想像するだけで、とてもワクワクします。今後、どんなに時間が経ってもこの想いは変わらないと思います。

飽くなき挑戦に惹かれる

最近入社された佐々木さんからみた、
ミクシィグループの良いと思うところを教えてください。

それぞれの社員にしっかりとしたサービスへの想いがあり、さらにそれぞれの想いが、「新しい文化を創る」という一点で交わっているということです。

考えていること・作っているものは違えど、成し遂げたい想いが一緒ということがこの規模でできているのはすばらしいことだと思いますし、他社には決して真似できないことだと思います。

この「新しい文化を創る」ことが、額縁に飾ってある会社の標語のようなものではなく、そのための飽くなき挑戦を、社員から感じられるところに惹かれています。

そんなミクシィグループで活躍できるのはどんな人でしょうか。

新しい可能性を見つけられる人が活躍できるのではないかと思います。

新しい可能性を見つけるというのは、既存のものを熟知しなくては始まらないため、関わるサービスに対して隅から隅まで理解をする必要がありますし、理解した後に独自のアイディアを出さなければなりません。
そこまで考えぬくと嫌でもサービスに対して熱い想いを持つんだろうなと思います。

 

自分の可能性を考える

人事として、学生の皆さんにメッセージをお願いします。

ノミってすごいジャンプ力があるのを知っていますか?
自分の体長の数十倍の高さを跳ぶことが出来るといわれているんですが、フタ付のビンの中で飼育すると、跳躍力がすごすぎて、ビンの天井に何度も頭をぶつけてしまいます。しばらくそうしていると、学習するのか、適当な高さに跳ぶことを覚えます。
ただ、ビンから出してもそのビンの高さ以上に跳ぶことができなくなってしまうそうです。

人間にも通ずるところがあると思っていて、活躍したい・できるようになりたいと思って、最初は力をこめてジャンプをするのに、仕事で失敗したり怒られたりするうちに、適当な高さにジャンプするようになります。これでは、大きな失敗はないかもしれませんが、世の中を動かすほどの影響力は与えられないでしょう。
私たちが目指している「新しい文化を創る」こととは、自分の大きさの何十倍も何百倍も大きなことだと思います。そのためには、ビンを突き破るくらいのジャンプ力が必要です。今まで生きてきた人生の中で、自分自身の天井が見えている人もいると思います。願わくば、その自分で作った天井を取り除いて、自分の新しい可能性を考えてほしい。

「チャレンジする人にはチャンスがある」

私は、無限の可能性を持つ方と共に、新しい文化を創りたいと思っています。