mixi GROUP 新卒 RECRUITING SITE

ENTRY

株式会社ミクシィは、新卒採用にかかわるエントリー情報の管理を「イグナイトアイ株式会社」に委託しております。「エントリー」をクリックすると、イグナイトアイ株式会社が運営するサイトに遷移します。
個人情報の取り扱いについてをご確認いただき、同意の上、エントリーください。

Interview ミクシィグループで「チャレンジ」しつづけるメンバーの想い

0→1のものづくりができるデザイナー

板倉 実香
2014年入社 / 新卒
デザイナー

学生時代は美術大学でメディアアートを専攻。2014年に新卒で株式会社ミクシィへ入社。入社1年目から「モンスターストライク」のデザイナーとして、アプリUI、アニメーション、広告物やOOHを制作。その後「モンストスタジアム」のメインデザイナーを担当。

想像もしていなかった仕事への挑戦

入社してから、これはチャレンジだったと思う経験を教えてください。

12年目はチャレンジの連続でした。入社当初はUIVFX、プロモーション等の制作チームが分かれておらず、ゲーム内ではUIや素材のデザイン、ゲーム外ではプロモーション関係で必要なポスター等のデザインを担当していました。

その中でも特にチャレンジングだったのが、人気IPとのコラボ企画です。

ゲーム内に使われるストライクショット(クエストを進めて一定のターンを経過すると発動できる必殺技)や友情コンボ(キャラ同士をぶつけて発動させる特殊なスキル)などのアニメーションを制作したのですが、元の作品を忠実に再現することと、「モンスターストライク」らしさを魅せることの2つを同時に考えなければいけませんでした。

コラボ企画の元のアニメーションをフレーム単位で何度も確認したり、技術的に分からないことを先輩デザイナー社員に指導してもらったりしながら、何とか制作することが出来ました。

人気IPとのコラボ企画はユーザーからの反響もすごかったのではないですか。

反響の大きさには驚かされました。ユーザーが、私が作ったプレイ画面のスクリーンショットをTwitterにアップしてくれたのを見たときは、喜んでもらえた!と実感し、大変だった分とても嬉しく感じました。

 

ユーザビリティと技術的な制約

最近では「モンストスタジアム」のデザインを担当していたと思いますが、その時のチャレンジ経験も教えてください。

入社して約1年半が経った頃、「モンストスタジアム」のメインデザイナーになりました。

「モンストスタジアム」は近くにいる友達と4対4の最大8人でタイムアタックを競うことができるアプリで、リアルイベントで使用されます。プレイするユーザーだけでなく、大会会場や生配信動画でプレイ画面を見るユーザーまで意識したUIの設計、体験の演出を考える必要がありました。

プレイするユーザーにとって、ゲームに熱中できるUIになっているか。大会会場のユーザーにとって、どのような情報が入っていると試合の動向が分かりやすいか、盛り上がるのか。複数の視点で考え、チーム内で何度も議論しました。

また「モンストスタジアム」は「モンスターストライク」のデータと連携している関係で様々な制限がありました。そういった中でどのように作れば良いか悩むことがありました。

それ以外にも小規模のチームで開発していたので、大会前にバグのチェックをしたり、大会当日はスタッフとしてイベント運営をしたり、本来デザイナーがやらないような仕事にも携わりました。ユーザーの反応を直接見たことで、大会中のどこでテンションが上がるのか、面白いと思ってもらえるのか、ということを考慮したUI設計やアニメーション制作ができるようになったので、良かったです。

技術的な制約の中でのデザインは、どのように勉強したのでしょうか。

技術的な部分に関しては、やはり実際に作業してみないと理解するのは難しいと思います。仕事をしながら分からない部分を自分で調べ、周りの人に聞く、という繰り返しです。こういう風に動かすためにはどんな手段があるか、何が制約になるのか、どうすればエンジニアの工数が少なくなるのか、など。
私の場合は同じ部署に同期入社のエンジニアが2人いたので、よく相談に乗ってもらいました。

他職種の仲間との距離の近さを活かす

ゲームのデザインにおいて幅広く経験を積まれてきた板倉さんの、今後の目標を教えてください。

新規開発のプロジェクトに関わる機会ができたので、01のものづくりが出来るデザイナーになりたいと思うようになりました。

今まではUI設計やグラフィック、アニメーションをメインで担当していて、その時々に求められる分野のスキルを伸ばしてきましたが、これからは01に必要なことは何か自分で考えながら新しいことにチャレンジしていこうと思います。

ミクシィグループで活躍できるデザイナー像を教えてください。

デザイナー以外の職種ともコミュニケーションがとれる人だと思います。

エンジニアやプランナー等、他職種との距離が近く気軽に話せるのがミクシィグループの良い所で、休憩時間などに社員同士でゲームをしながら、「UIがこうなると分かりやすい」、「この機能があったら便利だよね」、といったディスカッションが自然と始まります。
そこで出た案をプランナーに相談して、開発に取り入れたということもありました。

専門外の分野であったとしても苦手意識を持たず、理解しようとする人が活躍できると思います。