mixi GROUP 新卒 RECRUITING SITE

ENTRY

株式会社ミクシィは、新卒採用にかかわるエントリー情報の管理を「イグナイトアイ株式会社」に委託しております。「エントリー」をクリックすると、イグナイトアイ株式会社が運営するサイトに遷移します。
個人情報の取り扱いについてをご確認いただき、同意の上、エントリーください。

Interview ミクシィグループで「チャレンジ」しつづけるメンバーの想い

不安よりも、期待の方が
大きいチャレンジ

徳永 清詩
2014年入社 / 新卒
エンジニア

学生時代は感性工学を専攻。2014年に新卒で株式会社ミクシィへ入社。SNS mixiのプロモーションサイトのサーバサイド開発を経て、グループ会社のDiverseへ異動。新規事業のiOSアプリ開発を担当した後、「Poiboy」のチームへ。フロントエンドからサーバサイドまで幅広い開発業務に携る。現在はマネージャーとしてプロダクトのマネタイズや組織作りに従事。

チャレンジは入社前から始まっていた

入社して最初の大きなチャレンジについて教えてください。

入社してからではなく、入社前からチャレンジは始まっていました。というのも、実は入社が決まるまでWebについての知識がなかったんです。個人や研究での開発はネイティブアプリケーションばかりで、Web系の言語も書いたことがありませんでした。それでも、多くの人に作ったもの使ってもらって、その感想をすぐに聞けるような、開発者とユーザーの距離が近いWebでものづくりをしてみたいという気持ちがあり、Web業界でチャレンジをすることに決めたんです。

入社前からサーバーを借り、自分なりに勉強を始めたものの、実際の開発の現場に入ってみると、技術もエンジニアとしての基本も全然できてないことに気づかされました。特に、エンジニアとしての基本、例えばエラーをちゃんと読むとかテストを書くとか、レビューの仕方とか、そういうことも知らない状態でした。そのような状況で、知らないことへの不安は大きかったのですが、それ以上に新しいことにチャレンジできる期待の方が上回っていたと思います。

初めてだらけの環境で、辛いと思ったことはありますか。

まったくないわけではありませんが、書いたコードが形になるまでのスピードが速く、自分が思い描いていた姿に近づいていくのを実感できたので、モチベーションは高いままでした。また、自分が新しい物事に興味を持てる性格だったので、新しい言語や技術を学ぶことは、辛さよりも楽しさの方が大きかったです。

当時指導してもらっていた先輩に「知らないことが多いけど、その分スポンジのような吸収力がある」と言われた時は嬉しかったですね。

新規事業へのチャレンジ

もう一つチャレンジを挙げるとしたら、何があるでしょうか。

グループ会社のDiverseへ異動し、新規事業へ携わってきたことですね。最初の配属ではWebのサーバサイドを担当していたので、技術の幅を広げるためにもスマートフォンアプリ開発をしたいという思いで異動を希望しました。

Diverseには「YYC」と「ユーブライド」という安定した主力サービスが2本あったのですが、会社として新規事業を創っていく方針が定まったタイミングで異動をしたこともあり、開発中のサービスのiOSアプリエンジニアというポジションになりました。

新規事業開発ということは、少人数体制だったのですか。

開発中は複数名が携わっていましたが、リリースしてからはプロダクトマネージャーの方と自分の2人で運用していたので、必然的にエンジニアの領域を超えた仕事を経験することができました。アプリ内のお知らせを出したり、SNSアカウントを運用したり、ここでも初めてのことばかりでしたが、この経験を機に、マーケティングの重要性に気づくことができました。

ただ、ものを作るだけでは意味がなく、ユーザーに届けて使ってもらうために努力する必要がある、と。そのサービスは思ったように成長させることができず、クローズしてしまいましたが、新規事業により興味を持ち、自分で企画を考えることも並行して行っていました。コンセプトを決め、リーンキャンバスを書いていく、そのようなことも挑戦する機会があったことはとても良かったと思います。

使う人だけでなく、作る人にとっても楽しいサービスを

現在携わっている「Poiboy」も新規事業として2016年にリリースされていますが、どのようなチャレンジがありましたか。

「Poiboy」はiOS版を先行リリースしました。その後Android版を開発する時に、Androidエンジニアが少なかったこともあり、自分も参加することにしました。Androidの開発は初めてでしたが、iOSアプリ開発をしていたので、ある程度の違いはあってもすぐにキャッチアップできるようになっていました。

またサーバーサイドとクライアントサイドの両方を経験したことで、タスク遂行における解決方法を多く考えることができました。そこから、「多少困難なタスクでも解決できる」と、そんな感覚が身につきました。スケジュールや難易度によっては大変なこともありますが、できるかどうかは自分のやる気と責任感に左右されると思います。

チャレンジの連続があったからこそ、どんなことにも対応できる柔軟性が身についたのかもしれませんね。
それではこの先に実現したいことを教えてください。

まずは「Poiboy」を成長させることです。いかにユーザーに届けるかというマーケティングの観点や、どのようにマネタイズしていくかというビジネスの観点など、様々に考えることが求められます。その点では、Diverseを含め、ミクシィグループ内にマーケティングやマネタイズのプロがいるので、その人たちの知識や経験を吸収していきたいです。

また、使う人にとってだけでなく、作る人にとっても楽しいサービスでありたいと考えているので、チームメンバーとのコミュニケーションや働き方も大切にしたいです。エンジニアとしては、新しい技術・流行りの技術を取り入れながら開発できる環境は楽しいと思うので、そういったことも積極的に挑戦していきたいです。