ENTRY ENTRY

株式会社ミクシィは、新卒採用にかかわるエントリー情報の管理を「イグナイトアイ株式会社」に委託しております。
「エントリー」をクリックすると、イグナイトアイ株式会社が運営するサイトに遷移します。
個人情報の取り扱いについてをご確認いただき、同意の上、エントリーください。

FAQ よくあるご質問 FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

ミクシィグループについて

今後の経営方針について教えてください。

ミクシィグループはさらなる成長を目指し、事業ドメインを「コミュニケーションサービス」と再定義しました。
それに基づき、新たに設定した「デジタルエンターテインメント」「ライブエクスペリエンス」「メディア」「スポーツ」「ウェルネス」の5領域に経営資源を集中させ、事業を展開していきます。
新たな事業の柱の構築に向け、今後3-5年で、1,000億円規模の事業投資を実施する方針です。この投資には、自社による事業開発に加え、M&Aも含みます。

ミクシィグループで働く人は、どんな人が多いですか?

ミクシィグループには、 「多くの人に、仲間と一緒に楽しんでもらえるサービスをつくりたい」という情熱を持った人材が集まっています。
「コミュニケーション創出企業」として、役職者関係なく、フラットな関係のもとでサービス開発しています。"ユーザーサプライズファースト"という大切にしている考え方のもと、プランナーやマーケター、エンジニア、デザイナーなどお互いの立場に関係なく、意見を出し合う風土があります。

ミクシィグループでのサービス/事業開発の環境はどうですか?

創業から20年が経過し、業界内ではメガベンチャーと称されることが多いですが、常に挑戦者でありたいと考えています。
実際の社内は、サービスやプロジェクトごとにチームが編成されており、少数精鋭でそれぞれがスピード感を持ってサービス/事業開発に取り組んでおります。

ミクシィグループの新規事業への取り組みについて教えてください。

モンスターストライクの次の柱を創出するべく、5領域において新規事業創造に取り組んでいます。
自ら起案して取り組むことがあれば、テーマをベースに抜擢されることもあるなど、新規事業の始まり方は様々です。

応募・エントリーについて

どんな学歴・年齢でも応募はできますか?

はい、可能です。学歴・年齢不問です。
高校卒、高専卒、高専専攻科卒、専門学校卒、大学卒、大学院(博士課程含)卒等、様々な経歴の方にご応募いただいております。
※長期の就業経験がある方は、キャリア採用のページをご覧ください。

既卒者ですが応募はできますか?

はい、可能です。既卒、第二新卒(就職後、3年目以内を目安とお考えください)の方でもご応募いただけます。
※長期の就業経験がある方は、キャリア採用のページをご覧ください。

複数職種の併願はできますか?途中で希望職種を変更することはできますか?

はい、可能です。ただし、一度に複数職種の選考を行うことはできませんので、まずは志望度が高い職種に応募してください。
尚、選考の過程で希望職種を変えていただくこともできますが、人事担当と相談の上決定できればと思います。

理系ですが、ビジネスプランナー職に応募できますか?

はい、可能です。理系、文系、デザイン系など専攻に関係なく、どの職種にもご応募いただけます。

子会社の事業に携わることも可能ですか?

はい、可能です。グループ一括採用を行なっておりますので、ミクシィの正社員として採用選考を行います。配属によっては、子会社への支援・出向となる可能性があります。(※条件面や福利厚生などに変更はありません。)
尚、配属先や人数は毎年異なります。また配属の確約はしておりませんのでご了承ください。

初任給 30万円〜と記載されていますが、どのように決定されるのでしょうか?

基本的には30万円とお考えください。入社前後の面談を通して、これまでのスキルや経験等を鑑み、特別な提示をさせていただく可能性がございます。

エントリーの締切はいつですか?

通年採用を行っているため、基本的にはエントリーの締切を設けておりません。
ただし、エントリーいただいた時期によってはご希望の入社月が叶わない場合がございますので、個別にご相談をさせていただきます。

外国籍も応募可能ですか?

はい、可能です。ただし、他社員とのコミュニケーションがスムーズに出来るよう、日本語での日常会話が可能であることが望まれます。資格・検定の取得は必須ではありません。

障がい者は採用していますか?

はい。障がいの有無に関わりなく全ての学生の方を対象とした採用活動を行っております。
(障がい者の方を対象とした採用枠等は設けておりません。)
面接など選考中のコミュニケーションを通じてお一人おひとりの可能性を検討させていただければと考えております。

選考について

どのような人物を求めていますか?

ミクシィグループでは、新しい価値を生み出す人材を求めています。
柔軟に取り組み学ぶ姿勢、成し遂げたい強い思い、独自の工夫を加えて周囲を巻き込む行動力を持っている方と一緒に働きたいと思っています。

採用面接を受ける時に、服装について指定はありますか?

特に指定はありません。面接官も普段仕事をしている格好で面接を行いますので、私服でお越しください。

選考中の交通費は出ますか?

最終面接のみ、弊社規定額の交通費の支給がございます。
関東1都6県より遠方にお住いの方は、現場面接以降の選考について、弊社規定額を支給させていただきます(新幹線/飛行機代の半額程度とお考えください)。

Web面接は可能ですか?

はい、可能です。関東1都6県より遠方にお住いの方には、Skypeでの面接をご案内可能です。ただし、最終面接の際は東京・渋谷のオフィスにご来社いただくことになります(当社規定の交通費を支給)。

内定・入社について

配属部署や異動先はどのように決まりますか?

配属・異動は、ご本人の適性、中長期的に必要とされるであろうキャリア形成、各事業が求める人物像など複合的な視点で検討いたします。
どのような環境であっても、自分のやりたい事を見つけ、組織や事業に貢献できる人物であって欲しいと願っています。

配属前の研修などはありますか?

はい、ございます。例年、入社前の内定者研修や入社時研修などを行なっています。詳細はこちらを参考にしてください(内容は変更となる可能性がございます)。

入社前にアルバイトはできますか?

はい、可能です。内定が出たあとに、アルバイトを希望する方は担当人事にご相談いただけます。
選考前のインターンシップ情報については、こちらをご確認ください。

入社後の働き方について

残業時間はどれくらいですか?休日出勤はありますか?

残業については、部署や担当業務、時期によって異なります。
もし、夜遅くまで残った日があっても、フレックスタイムや時間休を利用して、月内の残業時間を調整するなど、効率的・健康的に働けるように上長と相談しながら仕事を進めることができます。
休日出勤については、基本的に土曜日・日曜日・祝日はお休みですので、出勤することはありません。しかし、こちらも担当業務や時期によっては発生する場合がございます。その際は、振替休日や代休を活用し、しっかりとリフレッシュできるよう勤務を調整していただけます。

評価はどのように決まりますか?

半年に一度、振り返り面談を行い評価を決定しています。目標に対する達成度を評価する「コミットメント」と、個々人の能力やスキル、成長度合いを評価する「コンピテンシー」の2つの指標があります。
高すぎず低すぎない、適切な目標設定をすることが重要になってきますので、上長と相談・すり合わせをしながら決めていきます。

勤務地はどこですか?転勤はありますか?

現在は渋谷にオフィスが3つあり、配属部署によってどのビルが勤務地となるかが異なっております。2019年末頃に渋谷駅直結の渋谷スクランブルスクエアへの本社移転が決まっておりますので、2020年4月以降にご入社される方に関しては、そちらが勤務地となります。
現時点で転勤の可能性はございません。

仕事は分業化されているのでしょうか?

ビジネスプランナー職、エンジニア職、デザイナー職と、職種ごとに求められる役割があり、それに沿って業務を行なっています。
上記以外にも、CS、QA、動画制作など様々な職種の人が働いています。
そういう意味において分業していると言えるかと思いますが、ユーザーに驚きと喜びを提供するサービスづくりに必要なことであれば、職種の壁を超えて仕事を担う場合も多いです。例えば、エンジニアであっても企画に対して意見を出してもらったり、デザイナーであってもエンジニアリングの知識を持ち仕様を一緒に考えてもらったり、などが挙げられます。

入社後どのようなキャリアパスがあるのでしょうか?

ミクシィグループには、明確なキャリアパスがありません。なりたい姿に向かって自律的に成長をしていける方を求めており、10人いれば10通りのキャリアがあります。

入社してから職種が変わる人はいますか?

はい、入社後に職種を変える方もいます。新卒入社の方の例だと、エンジニア職として入社し、現在はマーケターをしている人や、総合職として入社し、1年ほどエンジニア業務を経験した上で、プランナーとして新規事業開発をしている人がいるなど、様々です。
会社や人事から勧めるのでなく、ご本人の意向によって職種変更される方がほとんどです。ただし人数としては、さほど多くはありません。

出産・育児をサポートする制度はありますか?

はい、用意しています。産前産後休暇、育児休業などのほか、育児短時間勤務、子の看護休暇、病児保育&ベビーシッター補助制度、出産祝金などを揃えています。
最近は、男性の育児休業取得者も増えてきました。